2019年12月8日日曜日

箱根に遊ぶ

 師走らしいどんより寒い空でしたが,男旅のメンバー3人と身近な観光地で温泉もある「箱根」を目指しました.
小田原,箱根,富士山
箱根の入口は小田原.小田原城に登ります.
 現在の千葉県,茨城県,栃木県まで勢力範囲においた戦国大名北条氏の居城.
途中の銅門(あかがねもん)では期間限定で「小田原評定」に参加できるイベントも.
(白・平山勝憲先生・平山歯科医院院長,黒・山本仁先生・東歯大教授・組織学)
  天守閣の西には箱根の山々が望めます.
神山,冠ヶ岳の下が温泉たまごの大涌谷(おおわくだに)です.
 南には真鶴(まなずる)半島が相模湾に伸び出します.22-15万年前に箱根火山から流れ出した溶岩が作りました.
 市内からバスで箱根湯本へ.10月12日の台風19号で早川も氾濫し旅館や飲食店も浸水しました.交通網も甚大な被害を受け箱根登山鉄道は復旧半ばの状態です.

 バスを降りた強羅(ごうら)駅には運転再開を待つ登山鉄道の列車が.さらにバスを乗り継いで仙石原の宿に向かいます.
 箱根ラリック美術館に寄りました.近くに箱根湿生花園があります.仙石原は5,000年ほど前に火山活動によって湖から湿原に変わった地域です.

 翌日(12/08)は快晴.ヤドリギが目立ちます.クリスマスに縁のある植物です.鳥の糞に入った種子が木の枝に粘りついて寄生します.
 ロープーウェイからの大涌谷(おおわくだに)の景色.青灰色に染まった岩と土,白煙.硫黄の匂いが入ってきます.
 2015年5月以降の小規模な噴火よって火口付近の立ち入りが制限されていましたが,
2019年10月に 警戒レベルが1に下がり11月15日に大涌谷園地も再開されました.
 蒸気井(じょうきせい)温泉を作る造成塔.仙石原の水はここに運ばれ,火山性蒸気と混ざり様々な成分を含んだ温泉となって戻ります.
 大涌谷は3,000年前に神山が水蒸気爆発で山体崩壊を起こし北側斜面が削り出されて作られました.その後の活動でできた溶岩ドーム(火山岩尖)がこの冠ヶ岳(かんむりがたけ)です.
  活発に火山性ガスを吐き出す噴気孔.現在は歩道が閉鎖されています.しかし,植物の姿がすぐそばに見えました.
 北西の方向に雄大な富士山を望みます.大型の成層火山で箱根火山とは性質が異なります.左のすそに遠く南アルプスの山並みが頭を出していました.
 大涌谷のくろたまご館に併設されている「箱根ジオミュージアム」に入りました.
(火山噴出物を検鏡している”お砂糖博士”新美寿英先生)
 箱根は東西8km,南北12km大きなカルデラを囲む外輪山と大涌谷を含む中央火口丘,そして芦ノ湖で構成される複合的な地形であることがわかります.早川は仙石原湿原の水を集め小田原に流れます.
 火山噴出物を年代別に色分けした展示.茶色は1600万年前から数百年前の海底火山の噴出物で箱根火山の基盤になる地層.紫色は外輪山を形成した40−24万年前のもの.赤色は外輪山からの噴出物です.緑色は13-6万年前の中央火口丘の溶岩.黄色は6万年前の火砕流の堆積物.このとき噴出した「東京軽石」は千葉県でも地層に含まれています.ピンク色は4万年以降の溶岩や火山灰で,大涌谷を含む中央火口丘のほとんどを占めていることがわかります.
 今の芦ノ湖は3,000年前にカルデラの中央火口丘にある神山の山体崩壊で早川がせき止められた結果作られました.大涌谷と同時期です.カルデラ自体は23万年前と6万5千年前に形成され,その陥没にはプレートの活動やそれに伴う断層の作用も考えられて複雑です.
 湖面に立つ箱根神社の鳥居.1952年に建立されたものですが,若い人の名所となっています.傾いてきた太陽を眺めながら下山のバスに乗り込みました.

2018年11月24日土曜日

動物園実習ー松戸自主夜間中学

 理科の授業”進化をさぐる”の実習として,上野動物園の見学を企画しました.
上野駅に集まった参加者(9名)は正門に移動して開園を待ちました.
開園20分前,すでに大勢が押し寄せていました.
パンダに会いに来た人が大半とか.(今日のパンダ舎待ち時間は120~150分)
今回はパンダを除いて園内を隈なく巡ることにしました.
まず,日本のエゾジカに朝の挨拶です.
サルの仲間から見ていきます.
アシビニアコロブス(上),ジョフロイクモザル(中),ブラッザグエノン(下)はアフリカや南米の多彩なサルたちです.子供のクモザルの尻尾は器用に巻きついています.
そして,サル山のニホンザル.最も身近な霊長類で青森県下北半島の出身です.
ゾウ(アジアゾウ)はいつも人気があります.
赤ちゃんの授乳を思い出してゾウの乳首の場所を皆で探しました.
ありました,前足の付け根近くです.
シロテナガザル.私たちに近い”類人猿”に所属します.
もう一人の類人猿,ゴリラ.
ゆうゆうと周りを見据えています.
南米の哺乳類,アメリカバク.癒される寝顔です.
思わず写真を撮りたくなります.
東園にはクマ,ライオン,トラ,アシカ,アザラシなどなじみの哺乳類がいます.
**********
肌寒い1日でしたので,
西園の小獣館はちょっとホッとします.
それぞれの楽しみ方で観察します.
西園にはペンギン,ペリカン,ハシビロコウなど人気の鳥たちがいます.
両生爬虫類館は必見です.
どうしてもヘビやトカゲは好きになれず,入館しないヒトもいました.
チリメンナガクビガメだけ紹介します.
最後の見学ポイント,不忍池を渡りアイアイの住む森に向かいます.
マダガスカル島に住む原始的な霊長類が主役です.
ワオキツネザル(上),クロシロエリマキキツネザル(中),クロキツネザル(下)など,進化をたどるうえで貴重なサルたちです.
正午終了の予定が,解散場所の弁天口に着いたのは12時45分.
案内者が一番夢中になっていたとの声もありました.
写真はサルが多くなりましたが,ほぼ全ての動物に会いました.
次の授業で実習の様子を皆さんに紹介し,”まとめ”をしようと思います.
(参加は高橋さん,安さん,泉さん,泉くん,花澤さん,高木さん,熱田さん,高さん,伊藤くん)

2018年11月15日木曜日

ラット頭頚部の解剖

 生物学実習のラットの解剖は体部に続き,2回目(11/13,15)は頭頚部になります.
卒業生の栗栖諒子先生が見学と指導に来てくれました.
東京医科歯科大学大学院(生理学)でラットの三叉神経を研究材料とされています.
まず剥皮をして筋や腺,神経などを観察します.
上,横,下面からスケッチします.
次に咬筋を切り,口を開けます.かなりの力が要ります.
強力な内側翼突筋(矢印)のためであることを理解します.
口腔内の構造を観察し実習書で確認してスケッチしていきます.
臼歯の観察にはルーペが必須です.
全ての解剖項目が済み,ラットに黙祷をして終了します.